×

サングラスの選び方

こんにちは!ホプニックスタッフのこぢんまり子です!

 

私の夫はゴルフをするのですが、私はまったくやったことがありません。

下の子も大きくなって余裕がでてきたので、私もゴルフを始めたいな~と思っているところなんです。

ゆくゆくは2人でラウンドしたり?できるかどうかわかりませんが…。

 

形から入るタイプなので、ウェアやクラブなどをお店でチェックしてみると、

ゴルフ用のサングラスもたくさん種類がありました。

 

そこで、ゴルフ用のサングラスについて詳しく調べてみました。

サングラスの役割や、推奨されるスペックなどをまとめてみましたので、

ゴルフ用サングラスを選ぶときの参考にしてみてください!

 

ゴルフサングラスの役割





ゴルフ場でサングラスをかけている人をみると、プロでもないのにかっこつけて…と思うかも知れません。

しかし、ゴルフ用のサングラスにはおしゃれだけでなくいろいろと役割があります。

 

◆眩しさを防ぐ


ゴルフは昼間、屋外で行うスポーツなので、可視透過率の高いサングラスなら晴れた日も

眩しさを感じることなくプレーに集中することができます。

 

◆紫外線を防ぐ


UVカットサングラスなら、強い紫外線によって引き起こされる目の病気を予防し、

目の疲れも防いでくれます

 

◆乱反射を防いで視界をクリアに


偏光グラスを選べば乱反射する光を防いで視界をクリアにしてくれるので、

ボールを目で追いやすくなったり、グリーンの芝目をしっかりと見極めたりすることができます。

 

 

サングラスを使うと、眩しさや紫外線を予防するだけでなく、ボールや芝目などが見やすくなります。

目の疲れも防ぐので、プレーにも役立つのです!

 

ゴルフサングラスに求められるスペック




ゴルフをプレーするときには、どのような性能のサングラスがベストなのでしょうか?

 

◆眩しさカット


可視透過率とは、人が見える範囲の光を透過する割合のことです。

低いと暗く見えて、眩しさを軽減してくれます。

 

晴れた日にプレーする場合は、可視光透過率10%がおすすめです。

 

曇りの日は10%だと視界が暗くて見えにくくなります。

晴れ、曇りの日兼用で使いたい場合は、可視光透過率20~30%程度がちょうどよいです。

 

◆紫外線カット


紫外線から目を守るには、UVカット率ができるだけ高いものがいいです。

 

紫外線カット率99%、紫外線透過率1%、またはUV400などと表記されています。

(UV400とは、波長400nmより短い紫外線のほとんどをカットするという意味です。)

 

できればカーブを描くような形で、目のまわりまで覆ってくれるデザインを選びましょう。

回り込んで入ってくる紫外線も防いでくれます。

 

◆光の乱反射を防ぐ


晴れた日中は、芝や木の葉などコース上のいろいろなものに光が反射して、

物の輪郭が見えにくくなってしまいます。

それを防ぐためには、偏光度の高いサングラスが便利です。

 

偏光度は高いほうが乱反射をしっかりと抑えてくれますが、相対的に可視光透過率が低くなります。

乱反射を防ぐサングラスは、視界が暗くなるということです。

ゴルフ用サングラスは可視光透過率10%~30%がちょうどいいので、

偏光度が高く可視光透過率が低いものを選んでも問題ありません。

 

◆レンズの色


サングラスのレンズカラーにより、色の見え方が変わってきます。

ゴルフ用には、芝の色がはっきりと見えるブラウン系のサングラスがおすすめです。

 

グレー系は目が疲れにくいというメリットがありますが、

曇って暗くなると一気に見えにくくなってしまうデメリットがあります。

イエロー系は曇りや雨の日におすすめですが、晴れたときには眩しさを感じてしまいます。

 

おしゃれにコーディネートしたり好きなカラーから選ぶというのもアリですが、

ゴルフプレーのことを考えるとブラウン系を選ぶ方がよいでしょう。

 

◆フィット感


ゴルフはスポーツですから、激しい動きをすることもあります。

特にショットを打つときは、素早く力強い動きになりますよね。

そんなときにサングラスがずれてしまうと、集中力が乱れてしまいます

 

ゴルフ用のサングラスには、フィット感が重要です。

必ず試着して、フィット感をチェックしましょう。

また、アジアンフィットと呼ばれるタイプを選ぶのもおすすめです。

アジアンフィットタイプはフレーム幅が広くて東洋人の顔に合うデザインになっています。

 

高級ゴルフサングラスと安価なタイプとの違い






スポーツ用品店などに行けば、2000~3000円でもゴルフ用のサングラスを購入することができます。

 

しかし、長時間使い続けるとレンズの性能やフィット感などで差がでてくるのだそう。

例えば廉価なものではレンズに歪みがあり、目が疲れてしまうものがあります。

さらに耐久性に問題があり、使い続けるうちに壊れてしまう場合も。

 

ゴルフサングラスでは、1万円以上の価格帯ならば軽量でフィット感がよいものが買えるそうです。

耐久性もよく、スイングやパット時に違和感なくプレーすることが可能になります。

 

2000~3000円のサングラスは、値段を考えれば満足する性能なのだと思います。

しかしせっかくなら1万円程度出して、より楽しいゴルフプレーを目指してみてはいかがでしょうか!

 

まとめ


ゴルフ用のサングラスについてまとめてみました。

ゴルフは日中の昼間に屋外で行うスポーツなので、サングラスで目を守って視界を

クリアにすることでよりよいプレーをすることができます。

フィット感、レンズの性能が確かなものを選べば、サングラスをかけていることを意識せず、

よりアグレッシブにゴルフを楽しむことができるでしょう。

 

ゴルフ用サングラスを調べているうちに、私もいつかかっこいいサングラスの似合うゴルファーに

なりたいな、と思いました!

運動神経がよくないので、夢のまた夢かも知れませんが…。

Contactコンタクト