×

サングラスの選び方

こんにちは!ホプニックスタッフのこぢんまり子です!

 

9月も中旬に入り、少し秋らしい季節になってきました。

 

でも、まだまだ、暑い日はあり紫外線が気になりますが、


海外のリゾート地などではさらに強い日差しが降り注ぎます


眩しさや目の疲れの軽減、紫外線対策のためにも、サングラスが必須です。






海外旅行に適したサングラスはどんなものか、調べてみました。



ぜひ参考にしてみてください!


 

海外旅行でのサングラスの役割


 
海外旅行、特に日本より赤道に近いリゾート地では、一年中強い太陽の光が降り注ぎます。


強い日差しにはリゾート地ならではの開放感がありますが、眩しさや紫外線が気になりますよね。

 

海外旅行でサングラスに求められる役割は、主に「眩しさの軽減」と「紫外線対策」です。

 

◆眩しさの軽減


眩しいと、目がチカチカして疲れてしまいます。



長時間目が疲れると、最悪の場合頭痛や吐き気がして、せっかくの海外旅行を楽しむことができなくなってしまいます。

 

眩しいと感じたら、躊躇せずにサングラスをかけましょう。

 

◆紫外線対策




長時間目に紫外線を浴びると、白内障や黄斑変性症という病気や角膜炎を引き起こす可能性があります。


紫外線をカットするサングラスで、紫外線対策をしましょう。

 

目が赤くなるほど紫外線を浴びると、肌のメラニン生産量が増えるという研究結果もあるそうです。


肌に日焼け止めなどを塗って紫外線対策をしていても、目からの紫外線でシミが増えてしまっては残念ですよね。


そうなる前に、サングラスで目に入る紫外線への対策を行いましょう。

 

 

おすすめのサングラス







海外旅行、特にリゾート地では、サングラスをして目を守る必要がありますが、


どのようなサングラスを選べばよいのでしょうか?

 

◆スペック



眩しさを軽減するには、可視光透過率が低いものを選びます。


可視光透過率とはレンズがどれだけ光を通すかという割合で、透過率が低いと暗く、高いと明るくはっきりと見えます。


日中なら、可視光透過率20~30%程度がおすすめです。

 

紫外線をカットするためには、UVカット機能付きのレンズを選びます。


価格のやすいファッションサングラスだと、UVカット機能が付いていないこともあるので、注意しましょう。


UVカット率100%に近い、数値が高いものがおすすめです。

 

◆調光レンズタイプのサングラス



観光地に行くと、外を散策したりお土産屋をのぞいたりと、屋外と屋内を行ったり来たりすることも。


そんなとき、サングラスをいちいちかけたり外したりするのは面倒ですよね。


調光レンズは、そんな悩みを解決してくれます!

 

調光レンズとは、紫外線量によってレンズ濃度が変わるタイプ。


日差しの強いところでは色が濃くなって眩しさを軽減し、室内など紫外線の少ないところでは


色が薄くなって視界が明るくなります。


わざわざサングラスを外したりかけたりする手間もないので、便利です。

 

調光レンズには、グレー、ブラウンなどいくつかの色味があります。


グレーは、赤や青などの色味が変わらず見え方の差が少ないので、写真をたくさん撮りたい人におすすすめです。


ブラウンは、曇りのときや夕方でも見えやすくなります。


ハーフカラーという半分透明で半分色の付いたレンズは、日差しを抑えつつも、


ファッション性が高いのでおしゃれに見えます。

 

しかし調光レンズは、窓ガラスにUVカットをしている車内などでは、色が変わらないので


眩しさを軽減できないというデメリットがあります。


車に乗る予定がなく徒歩での観光が多い場合など、シーンによって使い分けてみてはいかがでしょうか?

 

現地で購入するのは?



リゾート地の日差しの強さにおどろき、現地でサングラスを購入する場合もあると思います。


また、ショッピングを楽しみつつ、現地でお土産代わりに購入する予定だという人もいるかるかも知れません。

 

しかし、海外で購入する場合、日本人の顔の形にあったモデルが売っていないことがあります。


欧米だけでなく、中東や東南アジアなどの人々も日本人より彫りが深い顔立ちなので、


サングラスのフィット感が違います。

 

フィット感を重視するなら、アジアンフィットなど日本人に合うデザインのサングラスを、


日本で用意して持っていくのがベストです。

 

海外リゾートではおもいっきりおしゃれに!




機能性も重要ですが、せっかく海外のリゾート地に行くのなら、サングラスでおしゃれを楽しみたいですよね!

 

そこで、顔の形別に似合うサングラスをまとめてみました。



◆丸顔



四角いスクエアタイプ、目尻の上がったフォックスタイプ。


顔を引き締めてシャープに見せるタイプがおすすめ。

 

◆面長



涙のしずくのようなティアドロップや、逆台形型のウェリントン


視線を横に流してくれるので、面長をバランスよくカバーしてくれます。

 

◆四角顔



緩やかなタマゴ型のオーバルや、いわゆる丸眼鏡のラウンドタイプ。


エラがはっているような四角顔も、優しいイメージになります。

 

◆逆三角形



眼鏡の上部分のフレームが太くなったサーモント


逆三角形ラインとのバランスがいいです。


逆三角形顔は、スクエアフォックスなども相性がいいです。

 

まとめ




海外旅行、特に赤道に近いリゾート地では、サングラスが必要不可欠です。


紫外線カット機能付きサングラスで、しっかりと目を守りましょう!

 

旅行先でショッピングがてらサングラスを購入…というのもいいですが、


日本人の顔に合うモデルがない場合もあるので、フィットするものを持参することをおすすめします!


当社では調光レンズで観光するときの景色もよく見える


ネオコントラスト シェード」という商品を開発していますので是非チェックしてみてください!

Contactコンタクト