×

サングラスの選び方

こんにちは!ホプニックスタッフのこぢんまり子です!

 

健康を重視する人にも、自然に親しみたい人にもぴったりの趣味として、


登山・ハイキングを楽しむ人が増えてきているようです。








福井県には、荒島岳や青葉山など本格的な山登りを楽しめるスポットがたくさんあります。


文珠山や三里山など500m以下の低い山なら、家族でハイキングを楽しむのもおすすめです。

 

登山やハイキングをするとき、サングラスをしている人もいれば、していない人もいますよね。


高い山や高原などを歩くとき、サングラスはどのように役立つのでしょうか?


詳しく調べてみました!

 

登山・ハイキングでのサングラスの役割







登山やハイキングでは、靴や服装などしっかりとした装備を身に着けないと命にかかわります。


それに比べてサングラスは、かけている人もいればそうでない人もいて、登山の必須装備ではありません。


しかし、サングラスをかけると、登山やハイキングがぐっと楽になるシーンがあります。

 

◆紫外線



登山やハイキングでは、標高の高い土地に出かけることが多いです。


紫外線は標高が高くなればなるほど、強くなります。


目の疲れや、紫外線による目の病気を予防するために、サングラスはかかせません。

 

◆雪の照り返し



雪山を登山する場合、真っ白な雪による太陽の照り返しで、視界が白っぽくなってしまうことがあります。


サングラスで視界を確保して、安全に登山を楽しみましょう

 

◆砂埃、木や葉などの異物



夏の登山では、乾燥した砂が巻き上がり、目に入ってしまう危険があります。


また森や林を歩くときは、木の枝や葉などが目にぶつかることも。


サングラスをすることで、それらの異物から目を守ることができます。

 

登山・ハイキング用のサングラスの種類




サングラスには様々な種類がありますが、登山・ハイキングに適しているのはどんなタイプのサングラスでしょうか?
 

◆サングラスの形



サングラスは大きく分けて、普段も使えるタウンユースタイプと、体を動かすときに使いやすいスポーツタイプがあります。

 

タウンユースはいわゆる普通のサングラスです。


紫外線カットや眩しさカットなどのレンズ性能に加え、デザイン性にもこだわったものが多いです。

 

スポーツタイプは、顔の丸みに沿うようにカーブを描くレンズと、ずれにくく柔軟性のあるつるが特徴。


激しい運動をしても、顔からずれにくいです。

 

登山をするにあたっては、しっかりとフィットしてずれにくければどちらのタイプでもOKです。


ただしどちらかというと、登山ではスポーツタイプを愛用する人が多いようです。

 

◆レンズの種類



サングラスのレンズには、偏光レンズ、調光レンズなどの種類があります。

 

偏光レンズは、光の乱反射を防いで視界をクリアにしてくれます。


偏光度が高いと暗めのレンズになるので、日差しや雪の照り返しが強い場合にぴったりです。

 

調光レンズは、紫外線量に応じてレンズの色の濃さが変わります。


ゆっくりと色が変わるので、早朝から昼間にかけて長時間登山を行う場合に便利です。

 

登山をする場合、紫外線カット機能のついたレンズはマストです。


偏光レンズと調光レンズ、どちらを選ぶかは、登山・ハイキングのスタイルによって変わってきます。


自分に適したタイプを選びましょう。

 

登山・ハイキング用のサングラスの選び方







登山・ハイキングに適したサングラスを選ぶときの、ポイントをまとめました。
 

①フィット感



登山・ハイキングは長時間サングラスをかけることになるので、何回もずれてかけ直すのはストレスになります。


フィッティングをして自分の顔に合うデザインを選ぶ、鼻当てやつるを調整するなど、


しっかりとフィットするサングラスで登山に臨みましょう。

 

②レンズカラー



スポーツタイプのサングラスは、レンズカラーが豊富です。


レンズカラーは、それぞれの色によってものの見えやすさが変わってきます。

 

・グレー系やグリーン系


色味が変わりにくいので、裸眼と比べて違和感がなくオールマイティーに使えます。


グレー系はどんなファッションにも合わせやすいというポイントもあります。

 

・オレンジ系


視界が明るくなるので、曇りや霧の天気におすすめです。


眩しさを抑える効果は低いので、夏場の晴天などには不向きです。

 

・ブルー系


体感温度が下がって感じるので夏の登山に。


コントラストが鈍くなるので、足元の悪い地形には向いていません。

 

・ブラウン系


コントラスを上げるので足元が見えやすくなります。


体感温度が上がって感じるので寒い日の登山に向いています。

 

数枚のレンズが付属され交換できるサングラスもあるので、状況に応じてカラーを変えるのもいいでしょう。

 

まとめ




登山・ハイキングにおいてサングラスは必須ではありませんが、使用することで、ぐっと登山が楽になります。

 

フィット感やレンズカラーなどの条件を満たせば他のスポーツと兼用して使えるので、スポーツサングラスを1つ持っていると便利です。


当ショップではスポーツ用サングラスとしてネオコントラストに偏光機能を追加したレンズを


アジアンフィットするフレームに搭載した「ネオコントラスト ハイライト」という


サングラスを販売しているので、是非チェックしてみてください!



標高の高い山での登山は、目にダメージを受けると命にかかわる事態になってしまうこともあります。


自分の顔にフィットするしっかりとしたサングラスで、快適な登山を楽しんでください!

Contactコンタクト